FrontPage | 一覧 | 検索 | 更新履歴(RSS) | 新規作成
はてなブックマークに追加 はてなブックマークを表示

卒論・修論

差分表示


*卒論
自分で決めたテーマを調べ、考え、書く
**提出:12月中旬
-プリントアウト1部を事務部開室時間中に提出
--製本不要、バラバラのまま封筒に入れる
**体裁
-A4サイズ1000字程度*30枚以上
--ワード標準(40字*36行または43行=1440字/1720字)で書き始め、体裁を整える際に「40字*25行=1000字」に変更すると、、、
--分量はあくまで目安として、自分のでき得る最大限の労力をかければ、大きく下回ることはないはず
-入門科目などで既習の「[[Master of Writing https://www.rikkyo.ac.jp/about/activities/fd/qo9edr0000005dbr-att/MasterofWritingMini.pdf]]」各章を順番に確認してみる
-執筆要項は二段組みではないが『観光学部紀要』に準ずる(ただし、タイトル12p、氏名・章節タイトル11p、本文10.5p、一段組み、フッタ中央にページ数、要約・キーワードなし、ワード標準ページ下脚注)
--https://drive.google.com/open?id=1RICTtVgRcuaZoWjLbO-Wg7PIHzvqShbc (学内のみ)
--このFAQ内の [[執筆要項]] も参照のこと
**要素
-関心
-テーマの目的・課題・意義(視点)
--こう言われている、思われがちだが、実はこうだった
-先行研究
--何がどこまで明らかにされているか
-資料
--卒論:手元の先行研究と、あれば一次資料やアンケート、インタビュー調査等も
--修論:少なくとも日本含むすべての先行研究
--博論:世界のすべての先行研究+α
---卒論であっても、書き終えた瞬間は、そのテーマについて日本一詳しいのは自分だ、くらいの意気込みで
-論文用図書長期貸出
--通常枠に加え、 全館で10冊/3か月が追加になる
--様式(要指導教員押印) http://library.rikkyo.ac.jp/form/files/ronbunkashidashi.docx
**構成
-表紙:題目ー副題[改行]立教大学観光学部学科、学生番号、氏名
-目次:&link(ワードで書く,http://cgi.rikkyo.ac.jp/~masutani/wiki.cgi?%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A7%E6%9B%B8%E3%81%8F) に従って挿入
--見出しにスタイルを設定しておけば、最後でよい
-はじめに:自分のテーマへの関心、動機をまとめる。論文の構成を紹介してもよい
-本文:手元の資料を整理して、なるべく使い切る
--[[箇条書き]]参照して資料整理
--まとまらない場合は事例を列挙するとよい
-おわりに:分析が多くなる場合は直前に別の章を立てる。論文の構成をなぞってから結論や考察を示してもよい
-参考文献表:&link(注のつけ方,http://cgi.rikkyo.ac.jp/~masutani/wiki.cgi?%c3%ed%a4%ce%a4%c4%a4%b1%ca%fd) の引用形式に従って著編者ファミリーネーム、海外資料アルファベット順、日本語資料五十音順に羅列。関連目録一覧の意味合いもあるので、入手できなかった資料、読みきれなかった資料も羅列してもよい。
**卒論報告会:2月初旬
-卒論報告会レジュメ:1月中旬
-書式
--A4*2枚(両面印刷)
--二段組
---書式-段組から設定し1頁当たり縦に2ブロック入ります
-構成
--タイトル、学生番号、氏名
---この下から段組設定します
--目次(頁不要)
---研究の目的
---何をどこまで明らかにしたか簡潔に記す
--各章の概要
---地域情報や歴史などの章は簡潔に、オリジナルな論を立てた箇所を詳しめに
---序章はほぼ不要、まとめは短い人も多いので丸ごとか
---終章に各章のまとめ入れた人はそれをベースにするとよいでしょう
---~について述べた、説明した、という記述より、内容を要約して具体的に記すのが望ましい
--参考文献
---優先順位は書籍、雑誌論文、ウェブで、特に参照した文献を10点以内にしぼって並べる。必ずチェックされるところなので、書式や配列は要注意
-提出方法
--メールボックス提出
**卒論報告会当日
-時間
--報告7分+質疑3分=一人10分
--pptは表紙、文献除き5スライド程度、最大10スライド以内
--特に力説したいオリジナルな箇所を中心に、情報でなく論点を話す
**報告書作成:2月中
-卒論提出後の報告書作成時には[[執筆要項 http://cgi.rikkyo.ac.jp/~masutani/wiki.cgi?%E5%9F%B7%E7%AD%86%E8%A6%81%E9%A0%85]]も参照のこと
--卒論未提出者もゼミ論文として提出してもらいます
-表紙、目次は不要
-制限枚数によって地域情報等の概要も削る
-体裁
--A4横書き、用紙縦使い
--余白:ワード標準のまま(上35mm,左右下30mm)
--行数:ワード標準のまま(行数のみ指定32行)※提出分から要変更
--フォント:本文明朝10.5p、タイトルゴシック12p、氏名明朝11p、見出明朝11p
-表紙色見本(色上質)
--http://www.shimeitehai.co.jp/cl2/0d7/cl0d7.htm
*修論
**スケジュール
-仮提出:11月中旬
--3部、紙製ファイル綴じ
-本提出:1月中旬
--3部提出
--1部は上製、2部は紙製ファイル綴じ
--要審査手数料
-修論報告会:1月下旬
--提出論文を四枚にまとめる
-修論審査会・最終試験:報告会後
--主査と副査2名による口頭試問
*卒論・修論・博論を書いている皆様へ
-1.こまめにセーブ
-2.バックアップは複数で
-3.印刷はお早めに
-4.手洗いうがいでインフル予防
-5.睡眠快眠よい論文
-6.今日も執筆、明日も執筆
-7.終わった論文が、よい論文!
-8.完璧めざすより、終わらせろ!
-そして人生はつづく
--立教経営・中原淳先生のツイート(19.11.26)より